薄毛 遺伝 頭皮環境

薄毛・AGAの原因。遺伝と頭皮環境〈薄毛の自己対策〉

遺伝で薄毛になってしまったかも

AGAだよ困った

注意!朱大両親に薄毛の傾向がある場合、その子供にも薄毛の症状が見られることが多々あります。このことから、薄毛というのは遺伝による影響を受けやすいといったイメージが浸透しています。

しかし
薄毛の原因が遺伝であるという、科学的な根拠や証明は無いそうです。
けれども統計結果では、約4分の1の方に薄毛の原因が遺伝にある「かもしれない」と考えられています。なんだか矛盾していますね。

 

生まれた子供に遺伝するのは、感受性の強いX染色体。男性が持っているのはY染色体であり、X染色体は女性が持っています。母親に薄毛の傾向がなくても、母親の親族である祖父母にその傾向がある場合、子供に隔世遺伝を引き起こし、薄毛となることがあります。

 

また男女のもつ染色体に限らず、強い性質を持っている方が子供にも遺伝する優性遺伝の可能性も否定できません。
この場合、母親よりも強い性質の遺伝子を持つ父親が薄毛ならば、子供は父親から遺伝による影響を受けやすくなり、結果として薄毛が遺伝してしまうこともあるのです。

 

インフォ水小 このように考えると、遺伝を原因とする薄毛のリスクが高いように思えてしまうかもしれませんが、統計的にはあくまでも4分の1の確率であり、科学的根拠はありません。
薄毛は、生活習慣やホルモンバランスの乱れ等、あらゆる要因が絡み合っていることもあるのです。要するに後天的な原因出あることが多いらしいのです。
遺伝だから薄毛が治らないと思うのではなく、健康的な生活・食生活に改善する
育毛剤を使い続ける努力をする、専門の医療機関へ相談してみることをおすすめします。

頭皮のかゆみと抜け毛の関係

注意!朱大抜け毛にはいくつかの原因がありますが、その原因の一つに頭皮環境が悪いことがあります。
頭皮環境の悪さというのも実はいろいろな種類があります。

 

代表的なものとしては頭皮が汚れている場合と、逆に頭皮を洗いすぎて頭皮がカサカサになってしまっている場合です。
実はどちらの場合にも頭皮がかゆくなりやすく、また抜け毛が起こりやすくなります。まず頭皮が汚れている場合というのは毛穴の中などに老廃物が入り込んでしまっていることが多くなります。

 

毛穴に老廃物が入り込んでいると皮脂などもたまりやすくなるため、抜け毛も起こりやすい状態を起こしていると言えますよね。
では、洗いすぎていてカサカサになっている状態を考えてみましょう。
頭皮も皮膚です。
皮膚が乾燥してカサカサしている状態はとても痒いですよね。乾燥している皮膚は保湿されている皮膚に比べて健康状態もわくる悪く栄養分なども十分に行き渡りません。髪を育てる環境にはないということになります。
農業で例えると、作物を育てる畑が荒れているようなものです。
そのため、髪が育ちにくく抜け毛も起こりやすくなるということです。頭皮は清潔でありかつ適度に皮脂がある状態こそ健康ということです。
これを育毛グッズを使わず自己管理するのは難しいので、育毛剤などで頭皮環境を整えることが必要になります。

あなたの薄毛を自己対策で改善しましょう!まずは育毛剤から。

赤二重丸 育毛したいあなた!育毛剤で薄毛の育毛効果を上げましょう。

リッチハーベストローション
医薬部部外品・IGF-1育毛理論

濃密育毛剤 BUBKA(ブブカ)
医薬部部外品・配合成分M-034

リッチハーベストローション

リッチハーベストローション生えます

 

医療現場で結果を出し続けるIGF-1育毛理論!多くの医療機関で薄毛改善の効果が認められている、男女兼用の育毛ローション。30日間の全額返金保障あり。

 

 

赤下矢印小 リッチハーベストローションの詳細はこちら 赤下矢印小

ダブルインパクト

ブブカ

ブブカの育毛理論

 

92%の実感率!ミノキシジルと同等の育毛パワーの配合成分M-034を世界初・業界第一位の比率で濃密配合!もちろん初回限定30日間の全額返金保障あり。

 

 

赤下矢印小 濃密育毛剤 BUBKA の詳細はこちら 赤下矢印小

BUBKA


ホーム RSS購読 サイトマップ